ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三ヶ月先を見据える | main | ゴールデンウィークの乗鞍エコーライン >>
2013.09.20 Friday

記録を伸ばし続ける



すっかり秋になりました。
夏休みが終わって早一ヶ月、まだまだ休みボケぎみのボクが、懲りる事無くバイクに無関係なブログを更新いたします。


山遊びの際の野宿っぷりからか 『 さぞかし米焚きが上手いのだろう 』 とか思われたりする事があるのですが、実のところ米焚き
成功率は低山で 『 ごぶごぶ 』  標高2000m超では、今の所 『 全敗 』 なのです。

今回の夏休み、渓流釣り三昧の前半を終え、後半を2泊3日の山行、折立 → 薬師岳 → 雲ノ平 →   折立 という感じでお山へと
出掛けてきました。

そして、今回も至極当然のように米を1合づつ小分けにして3合用意したのです。 根拠の無い自信からレトルトのカレーも2食用意。

初日、期待に胸膨らませつつ、薬師峠のテント場にて米焚き。 とりあえず1合。
べちゃべちゃ層、普通の層、芯残りの層、コゲの層。 それはそれは見事なグラデーションでした。

とってもドンマイな仕上りでしたが 『 今日の失敗をふまえたら明日は上手く焚けるな 』 と、適当に気持ちを切り替えると同時に不
思議な手応えを感じた気がしたので、レトルトカレーはザックに戻し、この日は袋ラーメンをおかずにドンマイご飯を食しました。

別にいいんです。昼間、景色良かったし。




薬師岳にも登れたし。





2泊目、薬師沢小屋からの急登で疲れ果てたせいか、妙な自信に満ち溢れたボクが雲ノ平のテント場で、2回目の米焚きです。
今回は翌朝の分もまとめて2合一気焚き。 前日の失敗から学び、改善すべき点は全て解ったような気がしていたのです。

結果、失敗。 どうやらこれっぽっちも解ってなかったようです。

猛烈に失敗した結果、食品の域に達する事が出来なかった残念ご飯は、折立へと下山するまでザックの奥底に居座り続ける不思議な重い物体となり
2食分のレトルトカレーはウィダーインゼリー的な、半飲み物扱いの行動食へと変わっちまいました。
そして 『 最奥の秘境 』 と言われる雲ノ平で、また一つ全敗記録を伸ばし、2食分のご飯を失った残念なボクは翌日、軽い食料危機をむかえました。

だけどいいんです。雷鳥見れたし。




朝露たっぷりの高山植物だってキレイだったんだぜ!




あー、奥が深いねー米焚き。


この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album